2018年6月15日 NEWS

当社DRONE PILOT AGENCYは、国土交通省が建設現場の生産性向上を図る「i-Construction」を推進するために設立した「i-Construction推進コンソーシアム」(以下「コンソーシアム」)に加盟いたしました。

コンソーシアムの加盟により、様々な分野における産官学のコンソーシアム会員との交流を深め、様々な利用シーンへの対応、AI、VR等の革新的な技術の組み込み等により、ドローンを活用した、建設現場の更なる生産性向上、安全性向上に努めてまいります。

■i-Construction(アイ・コンストラクション)について
国土交通省では、2008年より建設施工の生産性向上、品質確保、安全性向上、熟練労働者不足への対応など、建設施工が直面している諸課題にICTを活用した「情報化施工」の普及を推進していました。さらに2016年からは、革新的なICT技術の登場、さらなる建設現場の生産性向上の必要性から、測量・設計から、施工、さらに管理にいたる全プロセスにおける情報化を実現し、2025年までに建設現場の生産性を2割向上する事を目指す取り組みを「i-Construction」として推進しています。

■i-Construction推進コンソーシアムについて
国土交通省では、i-Constructionのさらなる推進に向けて、様々な分野の産学官が連携して、IoT・人工知能(AI)などの革新的な技術の現場導入や、3次元データの活用などを進めることで、生産性が高く魅力的な新しい建設現場を創出するために2017年1月に「i-Construction推進コンソーシアム」が設立されました。

http://www.mlit.go.jp/tec/i-construction/index.html