ドローンによる鳥獣・害獣対策について

 今、⿅や猪、カワウと⾔った⿃獣による作物への被害 が増えています。農⽔省の統計では平成30年度で農作物への被害額は156億円と試算されていますが、実際にはもっと多くの被害が広がっていると推測されています。
 というのも、実はこの離農した農家への⿃獣被害調査というのは、上記の被害額に⼊っていません。つまり、実際の鳥獣被害額というのは試算されている数字よりもはるかに⼤きいと⾔えるのです。
 この記事では、深刻な農作物被害への対策として活用されるドローンについてご紹介していきます。


野生鳥獣による被害

 

 近年、野生鳥獣による農作物への被害は深刻化しており、農業従事者にとって大きな問題となっています。原因となる野生動物は、イノシシやシカが大半ですが、カラスなどの鳥類やサルなども含まれるのです。
 野生鳥獣への対策として狩猟者による捕獲・駆除が行われていますが、狩猟者の高齢化および減少によって対策が難しくなってきています。鳥獣被害は農作物に被害をもたらすだけでなく、農業意欲を低下させて業従事者を減少させる要因となるため、対策が必要となります。

農作物の被害

 ⿃獣が農作物を食べ荒らすのは収穫の直前。明⽇収穫しようと⻑期間育ててきた作物が根こそぎ⾷べられ、農家の方々のモチベーションを⼀気に奪います。結果離農し、耕作放棄地が増える図式が⽇本のあちこちで起こる社会課題です。

豚コレラによる被害

 猪がもたらすのは農作物の被害だけではありません。昨年26年ぶりに⽇本で確認された「豚コレラ」の感染源となるのが猪なのです。
 現在は豚熱、という名称に改められました。豚コレラに掛かると養豚場の豚が殺処分となり業者にとっては信じられ無いダメージとなります。2020年1⽉にも沖縄で発⽣し、アグー豚が殺処分されました。しかも、2019年は岐⾩から発⽣し半年で栃⽊まで感染が広がったのです。これが猪を感染経路としていると⾔われています。


 しかし、今世界で流⾏しているのは「アフリカ豚コレラ」です。通常の豚コレラにはワクチンが効きますが、アフリカ豚コレラにはワクチンがなく、豚が感染したら全頭殺処分するしか術はありません。
 発⽣国では野⽣の猪で感染が拡⼤しているため、国内でも猪を介して⼤感染する可能性があるのです。


ドローンによる鳥獣駆除

 

 鳥獣駆除をより効果的、効率的に行うため、近年はドローンが利用されています。鳥獣駆除におけるドローンの役割は大きく以下2つです。

・野生鳥獣を監視する
・野生鳥獣を追い払う

 この章では、ドローンの役割を詳しく解説していきます。

野生鳥獣を監視する

 ドローンに搭載したカメラ等を用いて、野生鳥獣の監視や生態調査を行うことができます。野生鳥獣をモニタリングし、詳細な行動を把握することで各種対策を効果的に進めることができるのです。
 ドローンには光学カメラに加えて赤外線カメラを搭載可能なため、夕刻に活発化する野生鳥獣もモニタリングできます。また、近年では機械学習を用いて解析することで、野生鳥獣の個体識別ができるようになってきています。

野生鳥獣を追い払う

 ドローンのパトロールによって、野生動物を追い払うことができます。野生鳥獣に接近して飛行するだけでも、飛行音によって野生鳥獣は警戒心を抱きます。さらに、ドローンにサーチライトや超音波、音響装置を搭載することで、威嚇効果を高めることもできるのです。
 また、モニタリングや巡回パトロールによって野生鳥獣の行動範囲が予想できるようになれば、より効率的なパトロールのルートを設定することができるでしょう。

従来法との比較

 従来の鳥獣対策としては、侵入防止策、追い払い機器、忌避剤などが主流でした。そして、それらの対策機器に加えて、狩猟者による捕獲や駆除に頼る方法でした。人員の数や現地での調査に日数や工程が多く掛かっており、鳥獣対策の知見も狩猟者の方に属人的にならざるをえませんでした。
 しかし、鳥獣対策としてドローンを利用すれば、最小限の人員で野生鳥獣の監視や追い払いを行うことができます。また、ドローンの情報を利用することで、効果的に侵入防止策などを講じることもでき、属人的だった知見がデータとして蓄積、可視化し共有することが可能となります。


ドローンを組み合わせた鳥獣駆除

 

 ドローンと従来の手法や他の装置を組み合わせることで、効果的に鳥獣被害を対策できます。ドローンは単体でも野生鳥獣の監視や追い払いを行えますが、組み合わせることで更に効果を発揮するのです。

ドローンと狩猟者

 ドローンによるモニタリング情報を利用することで、狩猟者による作業を効率的に行うことができます。野生鳥獣の生態調査の結果を利用することで、より効果的な場所に罠を設置することができるのです。
 また空から定期的に被害地区近辺を撮影することで、植物の植生など状況の変化を捉えたり、動物が好む場所や移動する箇所の特定、さらには3次元マップを作成して事前調査を行うことも可能です。
 活用することで、ノウハウの差に寄らず効果的に駆除や捕獲を行うことができるのです。

ドローンと他の装置

 ドローンや他の装置が取得した情報を相互に利用することで、効率的に被害対策を行うことができます。
 ドローンによって野生鳥獣を監視し、行動範囲やルートを分析することで、より効果的な場所に罠を設置することができるのです。また反対に、センサーを搭載した監視設備等の情報を利用することで、ドローンによって効率的に野生鳥獣を捕捉できます。


ドローンで鳥獣被害を防ごう!

 

 この記事では、ドローンによる鳥獣駆除について、ドローンの活用方法や従来法との違いを解説しました。近年、農業従事者や狩猟者の高齢化に伴って、農作物の鳥獣被害は大きな問題となっています。そのため、効率的に鳥獣対策を行えるドローンの活用は、今後広まって行くでしょう。
contact